ケアマネとは?

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネ(介護支援専門員)とは?

ケアマネとは介護保険制度の核となる存在です。

 

2000年4月から導入された介護保険制度。高齢化が進む現代社会において重要な役割を担う制度とされ、近年ますますその重要性が高まっている状況です。

 

ケアマネはその介護保険制度が円滑に進むために欠かせない存在なのです。

 

介護保険制度は介護にかかる費用を保険で賄うことができる制度ですが、医療保険とは大きく異なる点があります。

 

それはサービスを受ければ自動的に保険が適用されるわけではないことです。

 

その人の健康状態や生活環境に合わせたサービスを受け、請求を行ってはじめて適用されるのです。

 

そのため、介護を必要とする人ひとりひとりが適切な介護環境を得て、適切な事業所で適切なサービスを受けられるようにすることが介護保険制度の大前提となるのです。

 

ケアマネはその際に活躍するのです。

 

ケアマネはいわば介護を受ける人と介護サービスを提供する事業所の架け橋となる存在といってよいでしょう。

 

双方の需要と供給がピッタリあってこそはじめて適切な介護環境を構築することができます。

 

ケアマネは介護が必要な人の状況を正しく把握した上で事業所のサービスと橋渡しを行い、快適で自立した生活環境を得られるためのお膳立てを整えるのです。

 

実際に介護の現場でサービスに携わるヘルパーたちとは異なる職種となりますが、高齢化社会と介護保険制度を円滑に機能させるための核として重要な役割を担っているのです。

 

今後はケアマネの量と質の両方が求められることになるでしょう。