介護保険制度とケアマネ

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護保険制度とケアマネ

ケアマネは介護保険制度に基づいてさまざまな業務を行う仕事です。

 

ケアプランの作成や要介護認定の申請代行などが主な業務として知られていますが、要は介護が必要な人が適切な環境でしっかりとサービスを受けられるかどうかが重要な役割となっています。

 

そこでは介護保険制度という特殊な制度に基づいた仕事が求められます。

 

介護保険制度は2000年4月から施行されました。

 

この制度の最大のポイントは利用者自身が要介護認定の申請を行い、介護サービスを選択し、サービスを提供している事業者と契約を交わして利用することになる点です。

 

病院で治療を受けるように好きな病院を選び、3割負担で済ませるというわけにはいきません。

 

その人の要介護認定にあわせた施設・サービスを選ぶことが重要な意味を持ってきます。

 

しかしこれらの手順をすべて介護が必要な人やその家族が行おうとすると手間がかかるものです。

 

とくに介護サービスを提供している業者の選択は事前の情報収集も難しいため困難な問題となってきます。

 

そんな時にケアマネが適切なサービス・事業所を紹介し、その人にとって最適な環境を構築するサポートを行うのです。

 

ケアマネが介護支援専門員と呼ばれるのもこの点にあります。

 

病気の治療のようにこの症状にはこの治療、とある程度決まった方法があるのに対し、介護保険制度の場合はひとりひとりに合ったサービスを選択する必要がでてきます。

 

それだけにケアマネの存在は介護環境の根本を決める非常に重要なものとなっているのです。介護制度の核といわれるのもわかるのでないでしょうか。