ケアマネの需要について

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネ(介護支援専門員)の需要について

福祉業界では慢性的な人手不足に陥っているといわれています。

 

厳しい労働環境や給与環境などがネックとなり、離職率も多い状況です。

 

さらに量よりも質を問う動きが高まっています。

 

ただ逆に言えば優れた人材は引く手もあまたということでもあり、ケアマネに関しても同様のことが言えます。

 

では現在、ケアマネの需要はどの程度なのでしょうか。

 

資格を取得したとして職業としてやっていけるのでしょうか。

 

ヘルパーさんのように現場で働く人たちとは異なり、ケアマネはすでに飽和状態に達しつつあるという意見もあります。

 

実際のところはどうなのでしょうか。

 

ケアプランの作成、要介護認定の申請代行といった本来のケアマネの業務に関しては確かに需要が頭打ちになりつつある面もあるようです。

 

しかしその一方でさまざまな分野でケアマネの需要が高まっています。

 

介護保険制度が適用される施設のほかでもさまざまな施設・機関で介護支援専門員としてのスキルやノウハウを求める動きが高まっているのです。

 

代表的なところでは保険会社や市役所など、高齢者を対象とした業務を行っている機関・施設。

 

さらには福祉用具を販売している業者でもケアマネが求められています。

 

とくに民間企業からの需要増が目立っており、今後は従来の役割を越えた幅広い分野での活躍が期待されています。

 

このように、ケアマネの需要に関してはより広く、活躍の場が広がっていく傾向が見られます。

 

資格取得を目指す場合にはこうした面にも着目しておくとよいのではないでしょうか。