ケアマネの現状

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネ(介護支援専門員)の現状

高齢化社会の進行によって介護関連の資格に注目が集まっています。

 

就職・転職に役だつということで取得を目指している人も多いようです。

 

その一方で給料の安さや激務などによって離職率が高いとも言われており、その改善が重要なテーマとなっています。

 

では介護制度の中核を担うといわれているケアマネの現状はどのようになっているのでしょうか。

 

ホームヘルパーなど実際に介護の現場でサービスに携われる資格に比べて、ケアマネは恵まれた環境にあると言われています。

 

夜勤や不規則なシフトなど労働環境に関して厳しい条件が課されることが少ないからです。

 

その一方で勤務先の待遇によって同じケアマネでも格差が生じやすい面があります。

 

とくに近年では介護保険施設のほかでもさまざまな場面でケアマネの需要が高まっており、幅広い職場で働く機会が増えたと同時に待遇面の差が目立つようになっているのです。

 

職場によっては資格取得前に思い描いていた業務は行うことができない、というケースも少なくありません。

 

もうひとつの問題として収入と業務の質の確保の問題もあります。

 

ケアマネの報酬は原則としてケアプランの作成によって発生します。

 

ですから少しでも多い件数を手がけた方がよいのですが、その分ひとりひとりのケアが充分に行き渡らなくなる恐れがあるのです。

 

そのため、ケアマネ一人に対する件数を制限する制度も導入され、収入も頭打ちになる傾向を見せています。

 

福祉業界の状況によって今後も制度が変更される可能性があります。

 

福祉業界の仕事の中では比較的安定した状況にあるケアマネですが、今後の変化にも注目する必要があるのでしょう。