ケアマネの将来性について

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネの将来性を考える

福祉業界は雇用という面に関しては将来性があると言われています。

 

今後さらに高齢化が進むことで需要が高まると予想されているからです。

 

ただでさえ人手不足の状況にありますから、福祉関連の資格が就職・転職に大いに役立ってくれるだろうことは容易に想像が付きます。

 

とはいえ、雇用に関する将来性が必ずしも仕事そのもの将来性に結びつくとは限らないのが現在の介護業界です。

 

それはケアマネに関してもいえます。

 

ひとつには高齢化、要介護者の増加によって介護保険制度が揺らぐ可能性があること。

 

現在でも決して高いとはいえない収入環境とはいえない状況ですが、それがさらに進む可能性があるのです。

 

もうひとつは質の向上。

 

要介護者一人一人により充実した介護サービスの提供が求められるようになります。

 

そのためケアマネにかかる負担が増していくことが予想されます。

 

この質の向上と負担の増加は今後ケアマネにとって大きなネックになる可能性もあります。

 

ケアマネ一人が担当できる要介護者の人数が制限される動きが出ており、現在では30〜40人程度が上限となっています。

 

担当する人数が減ればそれだけ収入も減ることになります。

 

また責任が増すことで評判のよいケアマネとそうでないケアマネの間で格差が生じることも予想されます。

 

これは本人の問題となりますが、これまで以上に競争が激しい状況になっていくでしょう。

 

このように、介護支援専門員の将来性に関しては決して甘いものではないことだけはいえます。

 

しかし逆に言えば非常にやりがいのある状況でもあり、苦労して資格を取得した甲斐のある仕事を行うことができることでしょう。

 

本気で取り組みたい人にのみ開かれている職種といえるかもしれません。