ケアマネの収入について

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネ(介護支援専門員)の収入について

ケアマネが人手不足に陥っている原因のひとつに年収の問題があるといわれています。

 

厳しい受験資格をクリアし、難関といわれている試験を合格してようやく得られる資格に対して相応しい年収水準にあるのかどうかが議論されるケースも多いのです。

 

では実際のところケアマネはどの程度の収入を得ているのでしょうか。

 

具体的なデータとしては平成22年で平均年収379万円という数字があります。

 

数字だけで判断する限りでは平均的なサラリーマンよりもやや低いといった程度でしょう。

 

これだけを見ればやはり低いと判断せざるを得ないでしょう。

 

ただし、ケアマネに従事している人のほとんどは他の職業を行いながらの兼業となっており、この平均年収が収入のすべて、というわけではありません。

 

人手不足の背景には資格を取得していながら副業程度に留めている人が多いことも要因に挙げられています。

 

さらに、収入はここ数年下落傾向を見せています。

 

平成13年には428万円だったのが平成22年の段階では50万円近く減少しているのです。

 

これはケアマネ1人が担当できる要介護者の数が制限されるようになったことが大きな要因とされています。

 

量より質が求められるようになり、収入環境は今後さらに厳しい状況になっていくとも言われています。

 

このように、収入に関しては高いとはいえない面もあるものの、他の福祉関連の資格とは異なり他の職業と兼業できること、仕事に対してやりがいを感じることができることなど魅力も少なくありません。

 

これからケアマネを目指す場合にはこうした点もしっかりと踏まえておく必要があるのでしょう。