ケアマネの就業環境

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネの就業環境について知ろう

ケアマネはどのような形で仕事についているのか、どれぐらい働いているのか、不透明な面もあります。

 

ホームヘルパーなどのように一日中現場の業務に従事しているわけではないため、労働時間や勤務体系などもよく変わらない面も多いのです。

 

平成22年のデータでは1ヶ月の労働時間は172時間という平均が出ています。

 

これだけを見るとやはり労働時間そのものは決して多いとはいえない状況です。

 

平均年収は400万円弱と低い水準にあることが知られているケアマネですが、時給に換算すると決して低い数字にあるわけではないことがわかります。

 

平均年齢は同じく平成22年のデータで45.3歳。ケアマネ試験の受験資格に求められる実務経験の日数、合格者の平均年齢などを踏まえれば妥当な数字といえるでしょう。

 

平均勤続年数は8.1年。こちらも介護保険制度そのものがスタートしてから10年程度ということを考えれば長く勤められる仕事といえそうです。

 

なお、男女別の平均年収に関しては男性が413万円、女性が368万円と若干の開きが見られます。

 

 

ケアマネの就業環境に関して知っておかなければならないのは専業で従事している人はほとんどいないこと。

 

つまり他の仕事を行いながらケアマネの仕事を行っている人が大半なのです。

 

社会福祉士など他の有資格者が兼ねているケースが多いといわれ、労働時間が少なめだからといって悠々とした1日を過ごしているわけではありません。

 

また定期的に要介護者のもとを訪れ、適切な介護サービスが提供されているかを確認する業務もあります。

 

仕事そのものはかなりハードな内容といえるのではないでしょうか。