ケアマネの概略について知る

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネの概略の説明

ケアマネとは、福祉の現場において専門的な技術や知識を持っている人のことです。

 

福祉のサービスにはさまざまなものがありますが、ケアマネの仕事はその中でも中心的な役割を持っています。

 

ただ単に福祉的なサービスをするだけではなく、その質を維持・向上させることも役割となっているからです。

 

ケアマネが誕生したのは、2000年4月です。

 

この時に介護保険制度がはじまったことにより、誕生した資格となります。

 

要介護者にあわせたコーディネートを行う仕事として、介護保険制度・医療・福祉に精通していなければ務まりません。

 

ケアマネの資格を取得するためには、資格試験に合格しなければなりません。。

 

この資格は誰もが受けられるものではなく、福祉の現場での実務経験が一定以上あることが必要です。

 

福祉業界で長く仕事を続けていくためには資格取得が必要と言われており、ケアマネはその資格の中でも一番需要が多いものの一つです。

 

働きながら勉強をするのは大変なことですが、それでも取得のために努力する価値のある資格です。

 

高齢化社会がどんどん進む中、福祉業界の需要はどんどん高まっています。

 

もちろんそれは介護をする人員のことですが、それ以外にも現場を管理する人も求められています。

 

ケアマネがいなければ福祉施設を運営していくことはできないので、今後も多くの現場で求められる資格と思ってください。