ケアマネの職場について

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネの職場について

高齢化社会という言葉が当たり前のようになったことをはじめ、現在多くの方が人の助けをを必要としています。

 

そしてそんな状況の中で、より良い介護を実現するために、さまざまな場所でケアマネージャーの存在が求められています。

 

それではケアマネの資格を得た場合、どういうところで働けるのでしょうか。

 

ケアマネの職場は、さまざまな場所があります。

 

まず福祉事務所、市区町村福祉担当課、在宅介護支援センターなどの公的機関があります。

 

そしてこれとは別に民間の福祉機関でも多くの職場があります。

 

各自治体の社会福祉協議会、居宅介護支援事業所として指定を受けた法人や、有料老人ホームでの職員になるという選択肢もあります。

 

ケアマネの職場として忘れてはいけないのが、介護保険施設です。

 

これには特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設などがあります。

 

すでに介護の現場で働いている人は、ケアマネの職場がどういうところにあるのかはご存じのはずです。

 

ケアマネは介護老人施設では必須なものなので、このように多くの職場があります。

 

資格を活かせる職場として、民間企業もあります。

 

例えば生命保険会社や、福祉用具販売会社での仕事もあります。

 

ケアマネの資格は、こういう職場でも求められるほどのものなので、現在の自分からさらにステップアップしていきたいという人にとって、とても人気がある資格ということがわかります。