ケアマネ試験の概要

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネ試験の概要についての解説

ケアマネになるためには試験に合格する必要があります。

 

厳しい受験資格が設定されていることで有名な資格ですが、それを満たした上で正しい形で申込みを行う必要があります。

 

試験は毎年10月第4日曜日に実施されています。

 

ケアマネ試験を受ける上で注意しなければならないのが試験を受ける場所です。

 

各都道府県別に実施されているわけですが、自分の好きな場所、あるいは自宅から最寄の場所で好き勝手に受けられるわけではありません。

 

現在仕事についている勤務先がある都道府県で受けることになります。

 

なお、福祉関連の仕事についていない方が受験する場合には、本人の住所がある都道府県での受験が可能なります。

 

各都道府県別に実施要項や受験料が異なってくるため、事前にしっかりと把握しておきましょう。

 

試験科目は大きくわけて「介護支援分野」と「保健医療福祉サービス分野」の2つに分けられます。具体的な試験科目の内容は以下の通りです。

 

介護支援分野…「介護保険制度の基礎津式」「要介護認定等の基礎知識」「居宅・施設サービス計画の基礎知識等」

 

保険医療福祉サービス分野…「保健医療サービスの知識等(基礎)」「保健医療サービスの知識等(総合)」「福祉サービスの知識等」

 

受験料は実施する都道府県別に異なっています。

 

人件費など開催にかかる費用が異なるためで、だいたい6000円〜1万円の範囲内です。

 

ちなみに東京都の場合9500円となっています。

 

また、保有している資格により免除になる科目などがあり、試験科目や時間などが異なってきますから、自分がどのような環境で試験を受けることになるのかも事前によく把握しておきましょう。