ケアマネ試験の対策について

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネ試験の対策について

ケアマネ試験の合格率は20%程度。

 

厳しい受験資格をクリアした人だけが受験できるシステムを考えると決して高い合格率とはいえません。

 

その一方でしっかりと対策をしたうえで勉強さえすれば、決して難関という数字でもありません。

 

それだけに事前にどれだけしっかりと試験対策をするかがポイントとなってきます。

 

ケアマネ試験対策の基本は、毎年のように繰り返し出題されている定番の基礎的な問題をしっかりと学ぶことが何よりも重要になってきます。

 

とくに実務経験を長く積んできた人はこれまで実経験で得てきた知識・ノウハウを重視してしまう傾向があります。

 

しかし現場でのあいまいな知識と実際の試験に求められる正確な知識では、そこに大きなギャップがあります。

 

実務経験があるからといって天狗にならずに、まずはしっかりと基礎的なことを身につける姿勢が大切です。

 

また、福祉に関する法制度はたびたび変更されていますが、それが現場に反映されるまで時間がかかる場合もあります。

 

ですから正確な法制度、そして最新の情報をしっかりと学んでおく必要があります。

 

ケアマネを目指す場合にはどうしても自分の専門外、知識が見についていない部分ばかりを重視してしまう傾向がありますが、まず全体の基本を一通りさらった上での対策が求められるのです。

 

実際にケアマネ試験の合格基準は6割程度の正解率のことが多いですので、基本をしっかりと身に付けただけでも十分に合格ラインに到達することは可能となります。