ケアマネ試験の試験科目

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネ試験の試験科目

ケアマネの試験を受けるにあたって、いったいどういった問題が出題されるのでしょうか。

 

これから試験を受けようと思っている人にとって、とても気になる問題です。

 

ケアマネの試験問題は「介護支援専門員基本テキスト 改訂版」に基づいて作られています。

 

基本的には、このテキストに書かれている内容が出題されるということになります。

 

介護支援専門員の試験では、大きく分けて介護支援分野と保健医療福祉サービス分野の2つカテゴリーから問題が出題されます。

 

その中でも重要視されているものが、介護支援分野です。

 

この分野の重要単元は、介護保険制度の基礎知識、要介護認定などの基礎知識、居宅・施設サービス計画の基礎知識となります。

 

もちろんこの単元以外にも出題されますが、重点的に学ぶべきなのはこの3つの単元です。

 

これらの中から合計25問が出題されることになります。

 

保健医療福祉サービス分野からは保健医療サービス基礎に関して15問、総合が5問、そして福祉サービスから15問が出題されます。

 

問題数だけを見ればそれほど多くないと思えるかもしれませんが、広い分野の中からの60問となるので、実際に問題を解いてみるとかなり手ごたえを感じるはずです。

 

ただ「介護支援専門員基本テキスト 改訂版」はあまりにボリュームがありすぎて的を絞りにくいと思いますので、実際の試験対策には過去問ベースの問題集を利用して、よく出題されるに問題に絞って集中的に勉強するといいでしょう。

 

テキストには、10年に1度出題されるかどうか、といった内容も掲載されていますので、全部憶えようとしても無意味ですし、そもそもあれだけのボリュームをマスター出来る人はいないと思います。

 

合格のためには100点を取る必要はないので、勇気を持って頻繁に出る問題だけをやるようにしましょう。