ケアマネ試験の合格率の推移

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャー試験の合格率の推移

ケアマネ試験の受験を考えている人にとってもっとも気になるのが、合格率ではないでしょうか。

 

一般に資格試験の合格率はその年によって変動しますが、ケアマネの試験も例外ではなく、その年の受験者数や問題の難易度によって若干変わってくるようです。

 

また、資格試験の合格率は資格創設のころはやや高めで、その後年々低くなる傾向にありますが、ケアマネ試験も例外ではありません。

 

介護支援専門員の試験は、平成10年からスタートしました。

 

その当時の合格率が44.1%となっており、資格試験としてはかなり高めの数字となっています。

 

しかしその後年々合格率は低下して行き、現在では20%前後に落ち着いているようでです。

 

もちろん、合格率が下がっているから取って、受験者のレベルが年々下がっているというわけではありません。

 

この資格が出来たばかりのころは、有資格者の数が少なかったために多くの合格者が必要だったのです。

 

ケアマネのニーズがあるのに、試験の合格者が少なく一定数が確保できなくなれば、業務に支障が出てしまうからです。

 

そういった意味では、早い段階で受験した人は、大変お得だった、ということになります。

 

現在の合格率は20%前後に落ち着いていますが、おそらくこの数字は今後もこのまま推移して行くものと思われます。

 

5人に1人の合格者を狭き門と考えるかどうかは、あなたの努力次第ということになります。