ケアマネ試験のスタイルとは

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネ試験のスタイルとは

ケアマネージャーとして仕事をするためには、資格試験を受験して合格しなければいけません。

 

資格試験などというと、思わず及び腰になってしまう人も多いことでしょう。

 

しかし、介護支援専門員は他の最難関といわれる国家試験とは違い、基本的な知識と実務経験があれば比較的合格しやすい資格試験と言われています。

 

ケアマネの受験科目はトータルで4科目。
・介護支援分野
テスト時間は50分で25問が出題されます。
・保健医療サービス分野基礎
30分の試験時間で15問が出題されます。
・保健医療サービス分野総合
10分間の試験時間で5問が出題されます。
・福祉サービス分野
30分の試験時間で15問が出題されます。

 

試験時間のトータルは2時間のとなりますが、出題は全てが5択のマークシート方式となっています。

 

論文や記述式などは一切ないので、あやふやにしか覚えられなかった範囲でも5択から選択できるので5分の1の確率で正しい答えを選べるということになります。

 

ケアマネ試験の合格率は、ここ数年は20%〜25%程度をキープしていますので、試験のコツさえつかんでしまえば、合格はそれほど難しくありません。

 

ただし、平成24年度は一気に合格率が下がり、15.3%という狭き門となりました。

 

今後、ケアマネ試験は、ますます難化の傾向に向かっていくと思われますので、資格取得を目指す方は、早めの受験をお勧めします。

 

また、受験者も1年1年と年齢を重ねていってしまいますので、あの時に取得しておけば、と後悔しないようにしましょう。