ケアマネの試験範囲について

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネの試験範囲について

ケアマネの試験範囲についてご紹介します。

 

基本的に、介護支援専門員の試験範囲は全国共通となっています。

 

各都道府県によって受験料などが異なるため、試験もそれぞれ独自の試験かと勘違いする方がおられるかも知れませんが、試験問題は全国すべて同じもん位だが出題されます。

 

残念ながら、都道府県によって受かりやすいなどということはありませんし、問題が共通である以上、不正防止のために試験がスタートする時間も同じです。

 

会場を選ぶメリットはありませんので、しっかり試験対策をして実力をつけることに専念しましょう。

 

ケアマネの試験は、マークシート方式で行われています。

 

5つの選択肢から正解を塗りつぶすようになっています。

 

試験の出題範囲は、財団法人長寿社会開発センターが発行している「介護支援専門員基本テキスト 改訂版」がもとになっています。

 

介護支援分野として、介護保険制度の基礎知識、要介護認定等の基礎知識、居宅・施設サービス計画の基礎知識の中から25の問題が作られています。

 

また、保健医療福祉・サービス分野として、基礎の保険医療サービスが15問、総合の保険医療サービスが5問、福祉サービスが15問となっていて、トータル60問で合否が判定されます。

 

しかし、指定された国家資格を持っている場合は、それぞれの資格に該当する試験科目をあらかじめ免除される仕組みになっています。

 

もし複数の資格を持っているなら、それぞれの資格の科目を免除してもらえます。

 

対象となる国家資格は、医師、歯科医師、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士などです。