ケアマネージャーの仕事〜住宅改修支援の解説

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャーの仕事〜住宅改修支援の解説

ケアマネージャーの仕事の一つに、住宅改修支援というものがあります。

 

その名の通り、家を改築する際にアドバイスをする仕事です。

 

寝たきりの高齢者や足腰の弱った高齢者がいる家庭では、一般的な基準で建てられた家での介護が難しいケースがあります。

 

高齢者は、ちょっとした段差等でつまづいて転んだりしますので、バリアフリーの家にするのは当然ですし、車いすや介護用のベッドなど一般の家庭ではあまり見かけないものを使うことを前提で家の改修をすることになります。

 

また、自立生活を応援するためには、高齢者にとって少しでも動きやすい住宅環境を整えてあげることも大切です。

 

ケアマネージャーが住宅改修支援業務を行うことで、施設に入ったり入院したりすることなく、これまで生活していた家で家族とともに暮らせるようになる可能性があります。

 

施設や病院はたしかに環境が整ってはいますが、しかしなんといっても家族の絆に勝るものはありません。

 

 

ケアマネが住宅改修支援をするということは、高齢者が住み慣れた家で家族との絆を深めるためのきっかけを作ってあげるという点では非常に大切な仕事であるということが言えます。

 

一見、住宅の改修とケアマネはあまり相関関係がないように思われますが、一般の建築家や設計士が気づかない介護をされる人の目線に立ってプロのアドバイスができるのがケアマネということになります。