ケアマネージャーの仕事 要介護認定

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャーの仕事〜要介護認定の解説

ケアマネージャーの重要な仕事として、要介護認定があります。

 

要介護認定は、介護保険の給付を受けるために必要になります。

 

一般の健康保険の場合は、保険者証を持ってさえすれば、病気などの際に自動的に保険が適用になります。

 

しかし、介護保険の場合は、保険者証を持っているだけではだめで、まずは要介護認定を受ける必要があります。

 

その要介護認定の際に活躍するのがケアマネージャーというわけです。

 

介護保険を利用したい時には、市町村へ要介護認定の申請を行います。

 

ケアマネージャーは、この要介護申請を代行で行うことができます。

 

要介護申請のあった市町村は、職員を訪問させて調査を行うことになります。

 

また、市町村の職員ではなく、受託を受けた居宅介護支援事業者に所属するケアマネが訪問調査を行うことも多いです。

 

全国共通となっている認定調査票を使い、質問をすることで介護レベルを確定する仕組みになっています。

 

その調査をもとにコンピューターで1次判定を行います。

 

そして、介護認定審査会で主治医の意見書や調査員の特記事項などを参考にして1次判定の結果が妥当かどうかを検討するしくみになっています。

 

いずれにしましても、ケアマネの判断によって認定される介護のレベルが決まってしまうことになりますので、とても責任重大な仕事ということが言えます。