ケアマネージャーの仕事〜給付管理

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャーの仕事〜給付管理

ケアマネージャーの仕事の中には、ケアプランにともなう給付管理という仕事もあります。

 

給付管理というのは、高齢者が実際に受けた介護サービスと、事業者が提出する給付管理票、それに介護給付費請求書などをチェックする仕事です。

 

事業者から国民健康保険団体連合会へ提出された介護給付費請求書は、それだけでは通用しません。

 

ケアマネージャーがきちんとチェックをして、ケアプランと相違がないと判断されて、はじめて事業者への給付が行われます。

 

ケアプランというのはあくまでも予定ですので、実際の介護サービスとで違いが出てきてしまう場合があります。

 

ですから、実際に行われたサービス内容を確認し、事業者による介護給付費請求書が正しいかどうかをチェックすることが必要となります。

 

給付管理の書類としては、サービス利用票、サービス提供票、サービス利用票別表、サービス提供票別表、給付管理票などがあります。

 

給付管理という仕事をあらためて考えてみますと、ケアマネが福祉の中でかなり重要な位置をしめていることがわかると思います。

 

ケアマネは、国と介護される高齢者、そして事業者を結ぶ潤滑油のような立場にあるといえます。

 

ちなみに、国民健康保険団体連合会に給付管理の書類を提出するのは、介護サービスが始まった月の翌10日までとなっています。

 

必ず締め切りに間に合うように書類を提出しなくてはいけません。