ケアマネージャーの仕事〜ケアプラン

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャーの仕事〜ケアプラン

ケアマネージャーの仕事の代表的なものとして、ケアプランの作成があります。

 

ケアプランというのは、どんな事業者からどういった介護サービスを受けるかという予定表を作成する仕事です。

 

あらかじめ、介護を必要とする高齢者や家族の意見を聞いてから作成することになります。

 

福祉のの専門家であるケアマネージャーがケアプランを作ることで、よりよいサービスを受けることが可能になります。

 

ケアプランには、日程や所要時間をはじめ、サービス内容がきめ細かく記入されています。

 

サービスの内容は、当然ですがすべての人が同じというわけではありません。

 

人によって受けるべくサービスは異なりますし、家族の意見も尊重しなければなりません。

 

ケアマネージャーはそれぞれの事情に応じて、専門家としての知識をフル動員して、適切なサービスが受けられるように配慮します。

 

そのためにも、単に電話などで質問するだけではなく、実際に家庭を訪れて環境をチェックする必要があります。

 

そして、介護を必要とする高齢者や家族に対し、サービス内容や料金についてもしっかりと説明しなくてはいけません。

 

要介護者の生活環境がよりよいレベルで維持できるとともに、さらに改善できるポイントがないかどうかチェックすることも大切です。

 

また、要介護者がサービスを受けることで、いかに家族の負担を減らすことが出来るかを考えることも重要です。