ケアマネージャーと介護老人保健施設

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャーと介護老人保健施設

ケアマネージャーが活躍する職場で代表的なものの一つに、介護老人保健施設があります。

 

介護老人保健施設とは、一般的に介護認定において要介護3から要介護5の高齢者が利用できるところです。

 

健康状態には大きな問題がないものの、介護を必要とする高齢者が利用していることが特徴です。

 

ちなみに、介護老人保健施設に「指定」という言葉がつかないのは、オープンするための規定が介護保険ですでに定められているため、すべてが指定施設になっているからです。

 

ケアマネージャーは、施設の職員、栄養士、理学療法士、作業療法士などと協力して高齢者を支援する仕事をします。

 

介護老人保健施設での生活を終えて自宅へ戻る高齢者に対しても、ケアマネジャーの仕事は続きます。

 

自宅でも問題なく生活ができているかどうかチェックをしつつ、高齢者やその家族へアドバイスをしていかなくてはいけないからです。

 

介護老人保健施設は、医療機関と自宅の中間地点のような存在ともいえます。

 

そして、その為の中心的な役割を担うのがケアマネージャーということになりますので、仕事してはかなりやりがいのあるものとなります。

 

ちなみに、介護老人保健施設は長期間利用するための施設ではなく、短期間の利用でリハビリを中心に行い、自宅へ戻るための手助けをする場所と位置付けられています。

 

ほどんどのケースで、入所期間は3ヶ月以内のことが多いようです。