ケアマネージャーはどんな仕事をするのですか?

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャーはどんな仕事をするのですか?

それぞれの高齢者のニーズや希望にあわせて、できるだけベストな選択肢をアドバイスするケアマネージャーの仕事は、一言で言うなら「介護のコーディネーター」といえます。

 

介護サービスを利用する高齢者や家族によって希望も違いますし、希望する生活スタイルと必要な介護がマッチしない事も少なくありません。

 

国からの支援体制も充実している介護サービスは、いろいろなサービスが細かく分類されていて、支援対象になる高齢者の健康状態もそれぞれ異なります。

 

高齢者自身がそういったサービス内容を把握する事は大変です。

 

そこで、専門的な知識を持っているケアマネージャーのニーズが発生するわけです。

 

ケアマネージャーは、介護サービスを利用する高齢者や家族の状態や状況、希望などを聞きながら、サービスを提供している事業者との間に入ってサービスの需要と供給をつなぐ役割をするのが主な業務です。

 

高齢者は健康状態やサービスのニーズが変動する事も多いので、福祉施設などに常駐して仕事をする事もあります。

 

また、自宅で生活している高齢者を訪問して家庭環境や健康状態などを観察する仕事もケアマネージャーの大切な仕事と言えるでしょう。

 

専門的な知識が必要なケアマネージャーは、オフィスで仕事をするだけでなく、管轄内で生活している高齢者とのコミュニケーションも仕事です。

 

地元に密着できる仕事なので、地域への貢献度もとても大きな仕事ですね。