居宅介護支援事業所でケアマネージャーとして働くには?

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

居宅介護支援事業所でケアマネージャーとして働くには?

ケアマネージャーとしての資格を持っている人にとって最も一般的な職場が、居宅介護支援事業所です。

 

居宅介護支援事業所は全国にバランスよく存在していて、その数は全国で25,000箇所以上とも言われています。

 

そして、そこで必要とされているケアマネの数は65,000人以上。

 

都市部では高齢者の数も多いのでケアマネージャーのニーズも高くなりますが、地方に行っても介護が必要な高齢者はたくさんいますから、全国どんな場所に住んでいてもケアマネのニーズがなくなる事はありません。

 

居宅介護支援事業所で仕事をする場合には、サービスを利用する高齢者や家族とコミュニケーションを取りながら、ニーズや希望を分析し、提供可能なサービスと結びつけるのがケアマネージャーの主な仕事になります。

 

利用者と直接のコミュニケーションを取る事ができるので、必要な介護サービスを紹介して高齢者や家族の生活が少しでも楽になれば、家族たちの喜ぶ笑顔を目にする事もできます。

 

ケアマネージャーにとっては何にも変えがたい大きな喜びを得る事ができる職場、それが居宅介護支援事業所なのかもしれませんね。

 

居宅介護支援事業所では、国からの認定が必要な高齢者のために訪問調査を行なったり、ケアプランを作成して提案したり、必要な介護サービスを提供したり、現在受けているサービスの状況をモニタリングするのがケアマネージャーの主な仕事になります。

 

また、国からの給付を管理するのもケアマネの大切な業務となります。