介護保険施設でケアマネージャーとして働くには

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護保険施設でケアマネージャーとして働くには

介護保健施設は、設置している機関や利用できる高齢者がどのぐらいの介護が必要か、などによって
・介護老人保健施設
・介護老人福祉施設
・介護療養型医療施設
の3種類に分類する事が出来ます。

 

これらの施設は介護が必要な高齢者が生活している施設で、入所している高齢者100人に対してケアマネージャーの資格を持つ人が最低でも一人は常駐している事が法律によって義務付けられています。

 

そのため、施設の規模が大きくなればなるほど雇用されているケアマネージャーの数も多くなりますし、一度に複数の有資格者が常駐する事になります。

 

病院や診療所などの医療機関が設置している施設は介護療養型医療施設と呼ばれていて、医療の比重が最も高い施設。他の保険施設と比べると医師や看護職員の数が圧倒的に多いのが特徴です。

 

常に介護が必要で在宅での生活が困難な高齢者におススメなのが、介護老人福祉施設です。

 

社会福祉法人や地方自治体が設置している施設なので、リーズナブルな利用料金なのが特徴です。

 

リハビリや介護が必要な高齢者を対象にしているのは介護老人保険施設です。

 

医療機関と福祉施設のちょうど中間的な存在の施設で、日本赤十字社、健康保険組合、医療法人、国や地方の公共団体、健康保険組合などが設置している事が多いようです。

 

この施設には最低でも一人の医師が常駐しているだけでなく、薬剤師や介護・看護職員なども常駐していますから、高齢者にとっても万が一の時には大きな安心感があるようですね。