ケアマネージャーの業務としての面談

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャーの業務としての面談

ケアマネージャーの業務は、本来のケアマネとしての業務と、その他の兼任業務にわかれます。

 

まず、ケアマネージャーとしての業務は、介護サービスを利用する要支援・要介護者、その家族と面談を行って、必要なサービスや状況の把握をするところから開始されます。

 

この面談は当然双方向性を持っており、ケアマネが対象者とその家族について状況把握をすると共に、介護保険制度の説明や必要なサービスに関する説明を行い、利用者に理解を促す場でもあります。

 

実のところ、この部分はケアマネージャー業務の根幹をなすと言っても過言ではないほど重要な部分であり、この面談で正確な情報収集ができるかどうか、また計画するサービスについての家族の理解を適切に得られるかどうかで、このあとの仕事の成否が殆ど決まってきます。

 

本質的に言って、ケアマネージャーとは、介護サービス利用者とサービス施設を適切に結びつけるのが役割ですので、利用者側との最大の接点である面談が重要であるとかんがえるのは自然であると思います。

 

また、この面談は最初のみ行われるものではなく、支援を行っていく中で何度となく行われるものです。

 

繰り返しになりますが、面談で適切なやり取りが行えるかどうかは、ケアマネージャーの業務の成否を大きく左右するものと言えるでしょう。

 

ヒアリング能力に理解しやすい説明、プレゼンテーション能力、要求を実務レベルに結びつける能力、そして何よりも介護サービス利用者・家族との信頼関係を醸成できる能力が要求されることになります。