ケアマネージャー業務の解説〜ケアプラン作成

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャー業務の解説〜ケアプラン作成

介護サービス利用者・その家族と面談を行い、必要な介護サービスの決定、利用にあたっての要望、その他経済状況や家庭状況などの必要な情報を把握できたら、次はこの情報を元に実際のサービスを行う計画「ケアプラン」を策定していくことになります。

 

ケアプランは、介護保険制度の利用が主眼となりますので、介護サービス利用者の要支援・要介護認定のレベルによって内容は大きく変化してきます。

 

要支援・要介護認定では、それぞれ利用できるサービスの種類に違いがあります。

 

また、それぞれの段階、要支援は1か2、要介護は1〜5のレベルごとに介護保険内で利用できる介護サービスの量が決まってきます。

 

ケアマネージャーは、介護サービス利用者に必要なサービスと、利用者の要望と介護認定が定めるサービスの利用可能量を勘案してケアプランを策定していくことになります。

 

このケアプラン策定にあたって重要視されるのが、「サービスの継続利用」という点です。

 

居宅介護サービスというのは、そのサービスの主眼は生活支援・生活補助にあるわけです。

 

これはすなわち、ある一定時期しか受けられないようなサービスであったり、著しく期間が開くようなケアプランを策定したのでは、実際の支援介護にならないということを意味します。

 

この条件を満たすためには、介護保険の範囲と利用可能度合いを正確に把握して適切に配分すると共に、介護サービス施設の利用状況、キャパシティなども考慮に入れる必要があります。