ケアマネージャー業務の解説〜ケアプラン作成2

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャー業務の解説〜ケアプラン作成2

介護保険制度を利用しての居宅介護サービスプランを作成して手配を行うのがケアマネージャーの主業務ではありますが、実際のところ、保険適用範囲のサービスだけではサービス利用者の必要を満たすことができないという状況が非常に多く発生します。

 

これは、現在の介護業界の状況として、サービスを必要としている人に対して施設や人員が全く足りていないという背景から来ている面もありますし、経済原理から言って、国が管轄していない部分でこそ良質なサービスが出現しやすいという面もあります。

 

また、地域社会で実施されているボランティアなど、インフォーマルな介護サービス・ボランティアが高いクオリティを持っていることが多いのも挙げられるでしょう。

 

いずれにしても、現実においてケアプランは介護保険適用範囲外のサービスや社会資源(地域ボランティア、行政でのサービスなど)も組み込んで策定される必要があります。

 

こうした点を加味すると、ケアマーネジャーが有効なケアプランを策定するためには、周辺の介護施設やサービスの状況だけではなく、地域社会の状況や行政サービスの概要も掴んでいる必要があるということが言えます。

 

まさに、その地域における介護(ケア)を総合的に把握(マネジメント)する事が求められる職業だと言えます。

 

具体的には常に情報収集に努めると共に、場合によっては自ら行政や地域に働きかけていくなどの積極的な関係構築も必要となるでしょう。