ケアマネージャー業務の解説〜サービス状況チェック

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャー業務の解説〜サービス状況チェック

ケアマネージャーの仕事は、ケアプランを渡して実際のサービスが始まったら、それで役割が終了するわけではありません。

 

サービス利用が始まった後も、計画通り適切なサービスが行われているか、受けているサービスが現実として有効に機能しているかどうか、サービス利用者の要望を満たしているか等について、利用者と家族からのヒアリングを繰り返し、また現場視察などを交えてチェックし続けていく必要があります。

 

サービス開始後にケアマネージャーがチェックするのは、利用しているサービス施設についてだけではありません。

 

現在、介護サービスの需要急増に対して施設の数、人員が不足していることから、ケアプラン作成時に必ずしもベストのサービスをチョイス出来るとは限らない現実があります。

 

そのため、当座のところは要望を満たせないものの取り敢えず利用できるサービスを利用しておいて、目的のサービスの利用状況に余裕が出来れば、サービスを一部変更するということも普通にあり得る話です。

 

そのため、ケアマネージャーは様々な介護サービス施設の利用状況やキャパシティ、また評判と実際の質についても把握しておく必要があります。

 

ケアマネージャー自体は、言わば斡旋業であり、一にも二にもサービスを受ける人と家族の信頼を得ることが重要になります。

 

そのためにも利用者へのこまめなヒアリングで細かにアドバイスやフォローを入れつつ情報収集を行い、施設の側にあたっては現場視察やスタッフへのヒアリング、行政からのこぼれ話など、地域の介護サービスの状況について常にアンテナを高くしておく必要があります。