グループホームでケアマネージャーとして働くには?

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

グループホームでケアマネージャーとして働くには?

2004年からケアマネージャーにとっては新しい職場として選択肢が広がったグループホームは、老人達がグループで生活をしている生活の場です。

 

有料の老人ホームやグループホーム、ケアハウスなどがありますが、2004年以前にはケアマネージャーの常駐は義務付けられていませんでした。

 

しかし、2004年にケアマネの常駐が義務付けられるようになってからは、こういった施設でのケアマネージャーのニーズが急増しています。

 

有料の老人ホームは、60歳以上で一人での生活に不安を持っている高齢者を対象にしている施設で、介護が必要ではない人がメインとなります。

 

軽度の方なら受け入れ可能ですが、介護レベルが高くなると医療性が高い施設へ映らなければいけないという特徴があります。

 

入所者数によって必要となるケアマネージャーの数も増えます。

 

介護が必要になって別の施設へ移る際の手続きを高齢者の代理としてスムーズに行なうのも、ケアマネージャーの大切な仕事です。

 

グループホームは痴呆症を持っている高齢者を受け入れている施設で、10人未満の小規模な施設です。

 

この施設では痴呆症のリハビリとして高齢者自身が日常生活のお手伝いをしたり機能訓練をしたりして共同生活を行なうのが特徴です。

 

この場合には各施設の規模が小さいので、施設あたり一人のケアマネージャーが常駐する事が一般的です。

 

こういった施設でケアマネージャーが仕事をする場合には、居宅サービスと同じ位置づけて職務をこなす事になります。

 

介護保険施設での仕事と同じと考えるとわかりやすいかもしれませんね。