ケアマネージャーの試験に確実に合格するために

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャーの試験に確実に合格するために

ケアマネージャーとして仕事をするためには、資格試験に合格する必要があります。。

 

この試験は毎年1回10月に行われていて、毎年の合格率も20%〜25%と安定しているのが特徴です。(ただし、平成23年度は合格率15.3%とかなり低い数字になりました。)

 

きちんと受験のための準備と対策をしていれば、難しくて合格できないと言うことはありません。

 

確実に一発合格を目指すためには、ある程度の時間をかけてしっかりと試験対策を進める事が大切です。

 

この合格率20%程度というのは、数字的に見ると「5人に一人が合格できる」という事になりますが、実際にはそう単純でもないようです。

 

対して勉強もせずに、自分は実務経験があるから大丈夫だろうとタカをくくって全く試験準備をせずに受験に望む人も意外と多いようです。

 

そのため、実際にしっかりと試験対策をして合格した人に話を聞くと、合格率が示す数字以上に合格しやすいという印象を持つようです。

 

ケアマネージャーの資格試験の合否は、事前の受験対策で決まる、と言われているはそういった理由があるようです。

 

ケアマネージャーに試験に確実に合格するための心構えは以下になります。

 

・ケアマネージャー試験は、現在持っている資格や、現在している仕事の延長線で合格出来るほど甘くない。

 

・実務による経験や知識のみでケアマネージャー試験に必要な知識は得られないし、法律や制度などの最新の知識を身につけたり、試験のテクニックを磨くことが必要。

 

ケアマネージャー試験そのものは独学で勉強をしても十分合格できますが、勉強の仕方がわからない人や短い時間で効果的な勉強をしたい人などは通信教育などを利用しても良いでしょう。