ケアマネージャーの実際の収入はどれくらい?

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャーの実際の収入はどれくらい?

福祉系の職業としては、比較的仕事が楽で安定していると考えられているケアマネージャーですが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

まず収入面から見ていくと、「平均年収379万円」という数字がデータとして存在します。

 

この数字は、ホームヘルパーの平均年収287万円などに比べれば明らかに高いのですが、実はこの数字、ケアマーネージャー単体の年収額とは言い難いものがあります。

 

ケアマネージャーとしての収入は主にケアプラン作成費用などの仕事の合計となるわけですが、実際の業務上、ケアマネージャーが、ケアプラン作成だけに専業しているというのはあまり見まかけません。

 

しかも、ケアプランの作成費用は件数がある程度以上増えると単価が減るという仕組みになっており、元々の一件あたりの費用も1万〜1万5千円となっていますので、ケアマネージャーとしてケアプランの作成のみで高収入を達成するというのはかなり困難です。

 

また、ケアマネージャーはその多くが何らかの介護・福祉施設に所属しており、必然的にその施設の事務業務などを手伝いますし、現場の方で手が足らなくなればスタッフとして業務に就くことも普通です。

 

このため、先に挙げた数字もケアマネージャーとしての収入というより、ケアマネ資格を有している介護福祉士や看護師の年収と見たほうが良いでしょう。

 

このように単体でお金を稼げる資格というのには少々難しいのがケアマネージャー資格ですが、その業務の需要そのものは増え続けていますので、福祉業界で安定した働き口と収入を確保していくには非常に有用な資格であることは確かです。