ケアマネージャー試験の勉強方法〜通信教育の利用その2

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャー試験の勉強方法〜通信教育の利用その2

自分のペースで時間の融通を効かせて勉強できるのが通信講座、通信教育の利点ですが、これは独学でも言える利点です。

 

独学オンリーと通信講座の利用を比べた場合の通信教育メリットは、「適切なサポート・アドバイス」「学習の進捗管理」が得られることでしょう。

 

人間、万事について言えることですが、自分の得意な分野ではやる気も出て一生懸命やれるものですが、苦手な分野というのはやる気があまりでないものです。

 

学習という面においてもこれは言えるため、試験勉強においても本当は真っ先に手をつけて穴をなくしていくべき苦手分野ほど後回しになりやすいという傾向があります。

 

ケアマネージャー試験は、個々の問題の難易度がそれほど高くない代わりに、介護支援の技術、位置づけ、法制度、保健医療分野の技術知識など広い分野にわたって概要を把握している必要があります。

 

合格基準も各分野7割程度の得点が求められますので、全体としては「難問を解くより、易問をミスしない」事を求められます。

 

そういった傾向のあるケアマネ試験の勉強で求められることは、得意分野を伸ばすというより出来うる限り苦手分野を作らない事になります。

 

しかし、「穴をなくす」という学習は独力の学習計画ではなかなか難しく、経験を積んだ外部アドバイザーの助力を得るのが非常に有効になります。

 

通信教育では、独力ではなかなかカバーできない苦手分野のサポートやアドバイスが得られ、穴の生じないように学習計画が組まれますので、平均的にそこそこ高い習熟度が求められるケアマネージャー試験には非常に適していると言えます。