ケアマネージャー試験の勉強方法〜通信教育の利用その3

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャー試験の勉強方法〜通信教育の利用その3

ケアマネージャー試験を独学で勉強する際にネックになりやすいのが、学習の進捗管理です。

 

ケアマネ試験のようなタイプの試験では、穴を作らない事が重要であり、そのためには「計画が狂って、全く手をつけていない範囲がある」という事態を絶対に避けなければいけません。

 

しかし、多くの人が現場などで働きながらの受験となるケアマネージャー試験は、どうしても学習を計画通り進めるのが困難になりがちです。

 

実際問題、仕事で疲れきって帰ってきた状態で、自分の決めた計画通りに学習を進めるというのは非常に強靭な意志力を要求されます。

 

大体の場合、「今日は疲れているからいいや」となりがちで、結局、試験当日になって「手がついてない分野だらけ」ということになります。

 

その点、通信教育・通信講座ならば、定期的に教材が届けられ、それぞれに「○○日まで」と一応の学習進度が記述されていますので、少なくともそれを遵守していれば試験範囲をカバーできないという事態を免れます。

 

また、多くの通信講座で添削サポートや模試が行われていますので、それらを一里塚としていけば無理なく進度の調整、管理が行えます。

 

また、独学にはない利点として学習の度合いを確かめられる添削サポートや質問サポートが挙げられます。

 

通信教育の場合、こうした質問なども受講者の任意のタイミングで行えますので、自分のペースで学習しつつも落ち着いて質問などが行えます。