ケアマネになるメリット

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネになるメリット

多くの福祉関係の仕事に従事する人がケアマネージャーの資格取得を目指しているようです。

 

それではいったい、ケアマネにはどんなメリットがあるのでしょうか。

 

メリットがあるからこそ、毎年多くの人が難関のケアマネ試験にチャレンジしているわけです。

 

まずメリットとして考えられることの一番目に、ケアマネの資格を取得することによる収入のアップがあります。

 

とはいえ、それまで現場の仕事をしていた人がケアマネの資格を取得したからといって、単純に大幅な収入アップということにはならないようです。

 

若干プラスになる程度と考えた方がよさそうです。

 

では、収入のアップ以外のメリットとしてはどのようなものがあるでしょうか?

 

ケアマネになることによって、肉体労働からの解放ということがあります。

 

福祉の現場での仕事は、基本的に身体を動かす仕事です。

 

介護の仕事はとても体力が必要なものなので、ずっと若いころのような仕事を続きけて行くことが難しくなります。

 

ケアマネの仕事は、基本的にケアプランの作成や利用者や家族との交渉など、頭脳労働がメインになります。

 

結果的に体力が低下しても、続けられる可能性が高いといえます。

 

ケアマネの仕事はさまざまな知識を求められますから、資格取得後も勤勉である必要があります。

 

しかし、これらのメリットを考えてみますと、福祉業界で長く仕事を続けていくのであれば、ケアマネの資格は絶対に取得しておくべきだと思います。