ケアマネへのキャリアパス

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネへのキャリアパス

福祉業界に就職して、この先も福祉業界で働いていこうという人の多くが、到達目標としてケアマネを目指しています。

 

これは、福祉の現場で働く代表格の資格である「介護福祉士」、もしくは「社会福祉士」の有資格者とその実務経験がケアマネージャー資格の前提条件になっていることを考えればごく自然な流れであると言えます。

 

また、ケアマネは業務的に管理、手配などの事務仕事と面談が中心になるため、一般的な介護職のように肉体作業を行うわけではありません。

 

このことからも、若いうちは現場業務で体を動かしながら経験を積んで、年齢が上がる頃にはケアマネージャーとして経験を活かしながら事務仕事を行おうと考える人が多いようです。

 

こういったキャリアパスを考えている人がたどるスタンダードなコースが、介護福祉士からケアマネキャリアパスです。

 

現在、介護福祉士資格の取得には厚生労働大臣の定める養成施設での課程を修了するか、福祉の現場での実務経験3年を経て国家試験に合格するか、中高の専攻科で所定の課程を修了した上で国家試験に合格する必要がありますので、まっさらから数えればそれらの過程も入れるべきかも知れません。

 

ただ、おそらく人数的に多いのは、成り行きで介護職に就き、必要から介護福祉士を取得し、折角だからケアマを目指すというパターンでしょう。

 

いずれにしても、ケアマネとして業務を行うためには、福祉の現場状況をしっかり把握していることが求められますので、介護福祉士として福祉現場業務に5年間以上従事してからケアマネージャーを目指すというのは、実用上からも合理的だと言えます。