ケアマネへのキャリアパス 薬剤師・看護師・医師

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネへのキャリアパス 薬剤師・看護師・医師

それほど多くはありませんが、医師・看護師・薬剤師などの医療系業務からケアマネへと進むパターンについて考えてみたいと思います。

 

一応制度上は、これら医療系資格から5年の実務経験を経てケアマネの試験を受けることは可能です。

 

ただ、実際問題としてこれらの資格は単体で非常に需要が高く、どこでも引っ張りだこという現状があります。

 

特に看護師に関しては完全な売り手市場の需給関係にありますので、看護師が業務的に辛すぎるという例を除いてケアマネへの転身は殆どありません。

 

薬剤師も薬局、ドラッグストアなどの求人を合わせれば膨大な就職口が存在しており、ケアマネを目指す人は少ないようです。

 

ただ、医師に関しては高齢者医療を専門とする医師がケアマネ資格もあわせて取得している場合があり、これら医療系資格の中では比較的ケアマネージャー取得率が高いと言えるでしょう。

 

現在の福祉い・医療の現場的に、医療側の意見や考えと介護サービス側の認識が齟齬をきたす例も多く、医師とケアマネの密接な連携が各所で強く求められています。

 

この問題を解消する意味でも医師がケアマネを兼ねる意味は大きいでしょう。

 

地域の中小開業医などの場合、ケアマネとしても活動可能であることの経営的な恩恵もありますので、これからはこうした医師がケアマネとしても活動する例が増えると思われます。