そもそもケアマネとはどんな資格ですか?

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

そもそもケアマネージャーとはどんな資格ですか?

職業タイトルを短くして「ケアマネ」と呼ばれる事も多いケアマネージャーは、正式な職業名を介護支援専門員と言います。

 

どちらの呼び方でも同じ職業を指しますが、ケアマネージャー、ケアマネと呼ばれる事が多いようですね。

 

昭和の時代から始まった少子化は、平成の時代に突入してからも加速をつけて進んでいます。

 

高齢者が増えている昨今では、これまでは家族が負担してきた「介護」という仕事を日本社会や自治体でサポートしていかなければいけなくなりました。

 

国でも介護保険制度が導入され、サポートや介護が必要な高齢者に対して国が金銭的な援助や支援を行うようになりましたが、全国にたくさんいる高齢者のニーズや介護がどのぐらい必要なのかを把握するのは、なかなか素人にとっては難しいものです。

 

そこで登場したのがケアマネージャーというお仕事です。

 

ケアマネージャーは介護が必要な高齢者のために対して、どんな介護が必要で、どんなオプションがあるのか、また、金銭的にはどのぐらいの負担になるのかをマネジメントするのが主な仕事です。

 

高齢者の中には、今までどおり自宅で生活したいと希望する人もいれば、施設に入りたいと希望している人もいます。

 

また、施設と言っても老人ホームのような比較的自由を満喫できる施設もありますし、痴呆が始まっている高齢者のための施設になると、普段の生活も管理されるようになります。

 

高齢者や家族に対して、どんな選択肢がベストなのかを話をしながら介護計画を立てるお仕事がケアマネージャーのお仕事です。