ケアマネに求めれる知識

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネにはどのような知識が求められますか?

ケアマネは、介護サービスを必要としている高齢者やその家族と介護サービスを提供している事業者を結びつける橋渡し的な役割を持っています。

 

高齢者の身体的な特徴や精神的な特徴を把握しているだけでなく、高齢者がかかりやすい疾病や症状、それが日常生活にどのように影響するのかも把握している事が必要となります。

 

高齢者のちょっとした変化も見逃す事がないように保険や医療分野の知識も幅広く持っている事が必要と言えるでしょう。

 

それだけではありません。

 

高齢者に対する介護サービスは、介護保険制度という国の制度によって支援されています。

 

必要なニーズと提供されるサービスのマッチングをする際には、どのようなサービスでどのぐらいの支援を受ける事ができるのか、手続きの方法、介護給付金や上限などの制度についても精通している事が大切です。

 

初めて介護サービスを利用する人にとっては心細い事もたくさんあります。

 

あらかじめ詳しい説明をきちんとして、利用者の不安を取り除いてあげる事はケアマネとしての大切な職務でもあります。

 

知識に精通していれば、利用者が知りたいと思う点も丁寧に分かりやすく説明する事ができますよね。

 

また、生活保護制度、成年後見制度、障害者福祉制度、地域福祉養護事業などの法律に精通していることもケアマネには必要な知識です。

 

その他にも、居宅高齢者を訪問するために必要な自動車運転免許やパソコンの操作ができるスキルなどもケアマネには必要です。