ケアマネージャー試験に合格するまでの期間

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャー試験に合格するまでに必要な期間について

ケアマネージャーとして活躍するためには、試験に合格してケアマネージャーの資格を取得しなければなりません。

 

「きちんと準備さえすれば誰でも合格できる公的資格」とは言うものの、実際にどのぐらいの期間をかけて受験対策をすれば良いのかわからない人も多いと思います。

 

ケアマネの試験に合格するために必要な勉強期間や勉強の量などは、その人が持っている知識や経験、集中力などによっても異なるので、一概にこのぐらいあれば大丈夫とはいえません。

 

すでに医師や看護師などの資格を持っている人なら、医療に関する知識はあるでしょうし、社会福祉士など福祉系の資格を持っている人なら福祉に関する知識はあるでしょう。

 

そういった資格がある人なら該当する受験科目が免除されたりする事もあるので、準備しなければいけない範囲も違ってきます。

 

そういった資格を持っているわけではなく、ゼロの状態から準備する場合には、6ヶ月から12ヶ月ぐらいの試験準備期間を目安にしながらケアマネージャーの試験に備えるのが一般的です。

 

通信教育のコースなどを見てみても6ヶ月コース、12ヶ月コースなどが多いので、気持ちに余裕を持って試験に臨むためにはそのぐらいの期間が必要になります。

 

ケアマネージャーの試験は毎年10月に行われているので、クリスマスの前から準備を始めるぐらいを目安にすると余裕を持って試験に臨めると思います。

 

濃い内容が凝縮されている6ヶ月コースの通信教育教材を何回も熟読して試験に備える方法もありますし、12ヶ月コースで広い範囲が網羅されている教材を幅広くカバーする方法もありです。

 

また、過去問題などを解きながら実際の試験に備える勉強方も効果的と言われています。

 

短期間で仕上げたいという人には以下の勉強法がお勧めです。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
1ヶ月でケアマネ試験に合格出来る勉強法