突然記憶が定着した不思議な体験〜ケアマネ試験合格体験記

突然記憶が定着した不思議な体験後にケアマネ試験に一発合格

突然記憶が定着した不思議な体験〜ケアマネ試験合格体験記

 

佐藤様は54歳でケアマネ試験に初挑戦し、見事一発合格されました。

 

平成23年度のケアマネ試験は、合格率15.3%という非常に難易度の高い年でした。

 

そのような難関の年度に、54歳で一発合格というのは、一見驚きです。

 

しかし、勉強法さえ間違わなければ年齢に関係なくケアマネ試験に合格することは可能ですし、合格率が多少低い年でもしっかりと実力をつけてしまえば試験そのものを恐れることはまったくありません。

 

また、ケアマネ試験は難関試験だという先入観からたくさんのテキストに手を出したりしがちですが、佐藤さんは1冊の問題集に的を絞り、徹底的にやり込みました。

 

何冊ものテキストに手を出すよりも、たとえ1冊の問題集でもそれを徹底的にやり込むことによってしっかりと実力が付くということを佐藤さんは実証してくれました。

 

そして、1冊の問題集を繰り返しやる中で、佐藤さんはある衝撃的な経験をしています。

 

それは「ある日を境に問題の正答率が跳ね上がる」という経験です。

 

ケアマネ試験の勉強を始めたばかりの頃は、なかなか知識が定着せずに勉強を続けることが嫌になってしまいますが、実は勉強時間と成績は比例して伸びていくものではありません。

 

最初は、やってもやってもなかなか正答率が上がらないのが一般的です。

 

しかし、ある時を境にブレイクするのです。

 

グラフで言うと、比例のグラフのように直線のグラフではなく、2字曲線的に時間が立てば立つほど急激に力が伸びるのです。

 

これは、やってみた人でなければ分からない不思議な感覚です。

 

ケアマネ試験一発合格の秘訣はこちら