ケアマネージャーの受験資格と実務経験

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャーの受験資格と実務経験

ケアマネージャーは公的資格試験に合格した者だけがその名称を名乗ることが出来ます。

 

そのため、医療機関や福祉施設などでケアマネとして仕事をするためには、資格試験を受験してそれに合格しなければいけません。

 

ケアマネージャーの資格試験を受験するためには、5年または10年間以上の実務経験がある事が受験資格として定められています。

 

ただ、この「実務経験」というのは、医療や保険、福祉や介護などの仕事に携わっている実務経験のトータルなので、福祉施設で事務の仕事をしていたというケースでも、経験としてカウントされるようです。

 

5年間は900日以上、10年間は1800日以上と計算されて、資格試験を受験するためにはこの日数をクリアする事が必要になります。

 

すでに医師や看護師など医療系または福祉系の国家資格を持っている場合には、受験の際の試験科目が免除になるケースもありますが、それでも実務経験はクリアしなければいけません。

 

資格があっても実務経験が不足していれば試験を受ける事ができないわけですね。

 

ケアマネージャーの資格試験は、自分自身で受験資格をしっかりと確認してから受験の申し込みをする必要があります。

 

そして、実際に試験を受ける前に書類審査が行なわれて、受験資格があるかどうかの確認がされた後に受験票が送付されてくる仕組みになっています。

 

さらに、ケアマネージャーとして仕事に就くためには、受験に合格するだけではなく、各都道府県で行われている実務研修過程を修了に国への登録をして、初めてケアマネージャーの仕事ができます。