ケアマネージャー資格の変遷

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャー資格の変遷について

介護支援制度が誕生して10年あまりになります。

 

これまで介護の業界は手探りでさまざまな取り組みを行ってきました。

 

急激に進行する高齢化社会に対して介護の分野が充分に対応できていない現実があり、そのため10年の間に介護支援制度はさまざまな変更が行われきました。

 

それに伴い、ケアマネージャーの資格にも制度の変更がともないました。。

 

資格制度がはじまって以降、最大の変更点といえるのが更新制度の導入です。

 

かつては資格を取得後はずっと継続してケアマネージャーとしての業務を行うことができましたが、平成18年以降は5年に1度の研修を受講して資格を更新することが求められるようになりました。

 

仮に研修を受けなかった場合はケアマネージャーの資格が停止されてしまいます。

 

それから、二重指定制といものが導入されました。

 

かつては居宅支援事業所とケアマネージャーの指定は一緒に行っていましたが、それぞれ独立して依頼することができることになりました。

 

これまではどうしても責任の所在が曖昧になっていましたが、別々に指定することでそれぞれの責任を明確化することができるようになりました。

 

ケアマネにとってはより責任が重大ということになりましたが、逆にそれがやりがいにもつながることでしょう。

 

それから、ケアマネージャーが担当できる件数の変更がありました。

 

これまでは1人のケアマネージャーが多くの要介護支援者を受け持っていたため、それぞれの質の低下が大きな問題となっていました。

 

制度の変更により、かつては50件まで可能だったものが、現在では30件まで制限されています。

 

その結果、サービスの質の向上を図ることができるようになりましたが、その一方でケアマネの収入減という問題も生んでいます。

 

今後もさまざまな時代に応じていろいろな変更が行われることでしょう。

 

ケアマネを目指すにあたっては、最新の情報を入手するようにしましょう。