ケアマネージャー受験のための条件とは?

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャー受験のための条件とは?

ケアマネージャーの資格を取得するためには、介護支援専門員実務研修受講試験を受けて合格しなければなりません。

 

しかし、まったく介護に関して予備知識のない方がいきなりケアマネ試験を受けることは出来ません。

 

それでは、ケアマネ試験の受験のためにはどのような条件をクリアーしなければならないのでしょうか?

 

実は、受験のための条件はかなりややこしいので注意が必要となります。

 

また、指定された国家資格を持っていると、実務経験期間が短くなったり、試験科目を減らしたりすることが出来ます。

 

医師、歯科医師、保健師、助産師、薬剤師、准看護師、看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、栄養士もしくは管理栄養士、歯科衛生士、義肢装具士、言語聴覚士、視能訓練士、柔道整復師、精神保健福祉士のいずれかを持っていれば、実務経験は5年間に短縮されます。

 

この場合、福祉施設における介護などの実務経験が5年以上かつ勤務日数が900日以上で受験資格を得ることが出来ます。

 

また、指定された国家資格を持っていない場合は、10年以上の介護の実務経験があれば、ケアマネ試験の受験資格を得ることができます。

 

実務経験の証明書は使用者または施設長から出してもらう必要があります。

 

ケアマネはかなり人気の高い資格ではありますが、まず受験のための条件をクリアーすることが大変な資格あるとういうことが言えます。

 

逆にいえば、ケアマネの受験者はすべて実務経験豊富な介護のプロということが言えますので、受験者のレベル自体かなり高いということが言えると思います。