ケアマネの研修について

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネの研修について

ケアマネ試験に合格するとすぐに資格が与えられるわけではなく、その後研修を受ける必要があります。

 

ケアマネージャーとして活躍するうえで必要な実務をしっかりと学ぶための研修です。

 

研修では講義と演習が実施されます。

 

具体的な内容は各都道府県によって異なりますが、通常は44時間研修と実習になります。

 

仕事を持っている方でも参加しやすいように前期と後期に分けて実施されます。

 

それでは、実際に行われる内容はどのようなものでしょうか?

 

一般的な研修内容は以下のようになっています。

 

介護保険制度の理念と介護支援専門員…2時間
介護支援サービスの基本…2時間
要介護認定の基礎…3時間
地域包括支援センターの概要…2時間
介護予防支援…7時間
受付及び相談と契約…1時間
相談面接技術の理解…2時間
アセスメント、ニーズの把握の方法…6時間
居宅サービス計画等の作成…6時間
モニタリングの方法…2時間
アセスメント、居宅サービス計画等作成演習…7時間
相談面接技術の理解(演習)…1時間
チームアプローチ演習…3時間
意見交換・講評…1時間

 

これの講義に加えて認定調査や社会資源調査といった実習が行われます。

 

研修に参加する際に注意が必要なのは、各都道府県ごとに日程や期間が異なっているという点です。

 

また、仕事を持ちながらケアマネージャーを目指している方にとっては、仕事の日程の調整も必要になってきますので、事前によく上司と相談しておきましょう。

 

費用も2万〜3万円程度かかりますが、これも各都道府県で異なりますので、事前に確認しておきましょう。