ケアマネージャーへの道のり

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャー(介護支援専門員)への道のり

ケアマネジャー)になりたいと思っている人は多いと思いますが、どうすれば有資格者として活躍出来るのでしょうか?

 

当然のことながら、ケアマネージャー試験に合格する必要があります。

 

そして、ケアマネ試験を受験するためには既定の受験資格を満たしている必要があります。

 

受験資格を満たすためには実務経験が必要になりますが、実務経験の年数は介護福祉士や社会福祉士などの資格を持っている場合で5年、何も持っていない場合ですと10年以上となります。

 

ケアマネージャーは受験するだけでも、かなり敷居の高い資格となっています。

 

それらをクリアーして初めて試験を受けることになります。

 

ケアマネージャー試験は毎年10月第4週に実施されています。

 

年に1回しか行われないため、不合格になって1年を棒に振らないためにもしっかりと対策をして試験に臨みたいものです。

 

合格率は最近では20%程度で推移していますので、安易な気持ちで合格できるほど甘い試験ではありません。

 

無事試験に合格となると、次は研修となります。

 

この研修を無事修了して、はじめてケアマネージャーとして登録されることになります。

 

研修にかかる時間は32〜44時間程度です。

 

実施する都道府県によって内容が若干異なるようです。

 

そして、無事にケアマネージャーとして登録することが出来ても、それがそのままずっと有効というわけではありません。

 

現在ケアマネージャーは5年ごとの資格の更新が義務付けられています。

 

このように、ケアマネージャーになるためにはかなり険しい道のりが待ち受けていますので、志をかなり高く持たないことには有資格者になることは出来ません。