独学でケアマネージャーを目指す

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

独学でケアマネージャー(介護支援専門員)を目指す

ケアマネージャーを目指す方の多くは独学で勉強を進めているのではないでしょうか。

 

仕事をしながらケアマネージャーを目指す方がほとんどだと思いますので、学校などに通うというのも難しく、必然的に独学での勉強を選択することになります。

 

費用的には問題集や参考書を買うだけですから、ほとんどかかりませんし、通学する必要がありませんので時間的な制約も受けません。

 

自己管理がしっかり出来て、計画的にケアマネージャー(介護支援専門員)の試験勉強ができる方なら、独学でのメリットはかなり大きいと言えるでしょう。

 

使用するテキストも、書店に行けばたくさん置いてあります。

 

基本的には、これらのテキストから自分に合ったものを探して学習することになります。

 

「介護支援専門員基本テキスト」がオフィシャルのテキストで、このテキストに掲載されている範囲から試験問題が出題されることがわかっていますが、実はこのテキストはかなり分厚く、2,000ページ近いボリュームです。

 

いくら自己管理がしっかりしていて意思の強い人でも、このテキストをすべてマスターすることは難しいでしょう。

 

効率よく学ぶためには、やはりポイントを押さえた市販の参考書が最適です。

 

できれば、過去問をベースに作られた参考書や問題集を選んだほうがいいでしょう。

 

ケアマネージャーの試験問題は、過去問の類似問題が繰り返し出題されています。

 

毎年のように出題される単元はある程度きまっていますので、過去問ベースのテキストを使用することによって、出題確率の高い単元を効率よく学ぶことが出来ます。

 

数々のメリットのある独学でのケアマネージャー試験対策ですが、デメリットも当然あります。

 

孤独であるがゆえに、よほど意思が強くないと継続が難しいという点と、理解出来ないところがあっても、スクールなどのようにすぐに先生に質問できないという点がデメリットとなります。

 

まずは、少しの時間でもいいのでコツコツを継続して勉強を続けていくことが合格への近道となることでしょう。