ケアマネージャーの向き不向きについて

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャー(介護支援専門員)に向いている人

福祉の業界で働く場合には献身的な人、世話が好きな人、相手の立場に立って適切な振る舞いができる人などが適しているといわれています。

 

これは福祉関連の業種すべてに共通している要素となりますが、ケアマネージャーの場合はその他にも求められる要素がいくつかあります。

 

まずコミュニケーション能力です。

 

もちろん、これは福祉の現場で働く人たちすべて求められる資質ですが、ケアマネの場合はより柔軟で幅広いコミュニケーション能力が求められます。

 

交渉能力といってもよいかもしれません。

 

介護サービス事業者との話し合い、あるいは要介護者の家族との話し合いによってケアプランを作成や変更を行っていく必要があるからです。

 

全員の意見や希望を取り入れるのは難しいですから、柔軟な発想で皆が納得できる落としどころを見つける手腕も求められます。

 

それから中立性です。

 

献身的な性格は素晴らしい美点ではありますが、ケアマネージャーの場合はそれがマイナスに作用してしまう場合があります。

 

仕事はあくまで公平で中立な立場で行う必要があるからです。

 

要介護者に感情移入したためサービス事業者に不利なケアプランを作成する、あるいは手がける要介護者ごとにケアプランの質にばらつきが生じるといった事態は絶対にあってはならないことです。

 

誤解を恐れずに言えば、ある意味冷徹で、公私混同せずに仕事を徹底できる性格も求められるでしょう。

 

こうしてみるとケアマネージャー)に向いている人とそうでない人の傾向が見えてくると思います。