ケアマネに求められる倫理について

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネに求められる倫理について

福祉の世界では介護を受ける人の人権や尊厳を守ることが重要になってきます。

 

いくら充実したサービスを提供していてもその人が屈辱的な思いに晒される、尊厳を傷つけられるような状況に置かれるようなことがあってはいけません。

 

またその人ができるだけ自立した形で日常生活を送るためにも行き過ぎたサービスは控える必要もあります。

 

そのため、ケアプランを作成するケアマネージャーは要介護者の主体性や自立性を尊重したうえで倫理観を持って接する必要があるのです。

 

またケアマネに求められる別の倫理観に中立性があります。

 

ケアマネは要介護者とサービス事業所との間を取り持つ存在ですが、一方が利益を得るような環境を避け、あくまで中立の立場でケアプランを作成する必要があります。

 

サービス事業所を選択する際に、倫理観を欠いてはまともなケアプランは作成できませし、中立性は絶対に必要になります。

 

当然ですが、特定の業者の肩を持つようなことは許されないのです。

 

また手がける要介護者ごとのサービス内容にばらつきがでないよう、公平性も維持しなければなりません。

 

そしてもうひとつ重要なポイントとなるのが、個人情報の保護です。

 

ケアマネは職業上、要介護者の個人情報に触れるケースが多いです。

 

その人の経済状況や健康状況、さらには家族の個人情報や家族内の問題や置かれている状況をすべて知り得る立場にあります。

 

それらを安易に第三者に漏らしたりしないとうことが、ケアマネの仕事をするうえでの大前提となります。

 

介護サービスの決定の際に要介護者の状況を事業所に説明する際などには、必ず要介護者の了解を得たうえで行わなければなりません。

 

このように、ケアマネージャーは相手の立場を考え、中立の立場で仕事を行う倫理感が求められる職業ということになります。