ケアマネージャーの適性

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャー(介護支援専門員)の適性とは

ケアマネージャーの資格を得ること自体は、受験資格を得ていて試験に合格すれば誰でも可能です。

 

しかし試験に合格することと、その仕事が自分に向いているかどうかは別問題です。

 

ケアマネージャーの試験を受験する前に、自分にケアマネとしての適性があるかどうかまず考えてみてください。

 

それではどういう人が、ケアマネの仕事に適性があると言えるのでしょうか?

 

ケアマネージャーに向いている人は、人の話をよく聞き、それを理解して活かしていこうとする人です。

 

介護が必要な人にはさまざまなニーズがあり、どういう人にどういう支援が必要なのかだけではなく、どういういったことを求めているのかまで考えていかなければいけません。

 

常識的に考えてベストだと思えるようなことでも、それがその人にとってのベストとは限りません。

 

どのようなケースでも柔軟に対応していく能力が、ケアマネージャーには求められます。

 

自分の作ったケアプランが受け入れられなかった時、それをそのまま押し通そうとするようでは適性がないということになります。

 

また他の介護職との連携をする必要もあるので、協調性がケアマネには求められます。

 

けっして自分の主観に左右されることなく、客観的な判断を心掛け、自分の行動に責任を持てる人が、ケアマネージャーに向いています。

 

そのためは単に優しいだけではなく、時には毅然とした態度も示さなくてはなりません。

 

ケアマネージャーの試験を受験するまえに、まずは自分自身に適性があるかどうか、今一度考えてみて下さい。