ケアマネージャーに必要なコミュニケーション能力

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャーに必要なコミュニケーション能力

福祉サービスの需要と供給をつなぎ合わせる役割をしているケアマネージャーは、高齢者やその家族とコミュニケーションを取りながら、利用者それぞれに異なるニーズや希望などを的確に分析しながら、その時点で提供可能なサービスとマッチングするのが仕事です。

 

そのため、コミュニケーション能力はケアマネにとっては必要不可欠なスキル。

 

知らない人とでもすぐに打ち解けてコミュニケーションを取る事ができる人ならケアマネージャーに向いているといえるでしょう。

 

また、会話の中から状況や希望など心理的なニーズを分析する事ができる能力がある人も、ケアマネージャーという職業には向いていると思います。

 

自分の希望をなかなかはっきりと伝える事が出来ない高齢者の代弁者として介護サービス事業者とコミュニケーションを取る事も多いケアマネージャーは、高齢者やその家族の人権が侵害されないように最善の配慮をする事も必要です。

 

他人の人権に敏感で尊重できる優しい人ならケアマネージャーという仕事にも向いていると言えるでしょう。

 

地域によっては、需要と供給のバランスが崩れていて、高齢者が希望するサービスを受け入れられる事業者が不足している事もあります。

 

そんな時には全ての利用者に対して公平に接する事ができる公平さも求められます。

 

知り合いだから、付き合いがあるから、と不公平なサービス提供をする事がないような公平さをもっていることもケアマネージャーには必要不可欠な要素です。