ケアマネージャーと要介護認定

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャー(介護支援専門員)と要介護認定

介護保険の適用を受けるためには要介護認定を受ける必要があります。

 

そして認定を受けるためには基本的に自分で申請を行う必要があります。

 

認定の際には、申請を行う人がどの程度の健康状態にあるのか、日常生活において介護や支援がどの程度必要な状況にあるのかなどを細かくチェックされた上で判断が下されることになります。

 

もしも、実際よりも軽い状態だと認定されてしまった場合、本来必要な介護サービスを受けられない可能性もあります。

 

そこで、専門家としてのケアマネージャーが、第三者として要介護認定の申請代行を行うことが出来るようになっています。

 

申請の窓口はその人が住んでいる市町村になりますが、慣れない人が自分で申請するとなると、結構戸惑ってしまうことが多いようです。

 

そんな時、プロであるケアマネに申請代行を依頼することによって、スムーズに申請が完了します。

 

また、その人がどの程度の要介護認定が必要なのかもケアマネージャーがプロとして客観的に判断して申請を代行してくれることでしょう。

 

申請者の訪問調査もケアマネが行うことがあります。

 

通常は、認定の申請を行った人のもとへは市町村の職員が訪問調査を行い、本当に介護が必要なのか、申請どおりの認定が必要なのかチェックします。

 

しかし市町村によっては職員ではなく、委託を受けたケアマネージャーが訪問して調べることがあります。

 

この訪問調査の内容が最終的な要介護認定の判断材料となるため、ケアマネージャーの役割は非常に重要ということになります。

 

このように、ケアマネージャーは単に介護サービスの橋渡しやケアプランの作成をするだけでなく、介護保険制度の入り口となる要介護認定に関しても活躍しています。